ドキドキドキ
a0121954_1319501.jpgワクワクしてます!新しい素材に出会いました。北海道は江別製粉の粉です。



毎年4〜5回は新しい素材に巡り会い試作を行います。
うまくいく確率は腕が悪いのか3割ぐらで失敗の方が多いのですが、
その度に高校ぐらいの時に初めて好きな子とお出掛けする時のように
気持ちが高ぶってドキドキします。
でも粉のように主要原材料(卵や生クリーム等)の出会いはホントに数年に一度くらいです。

今回の出会いのキッカケはかなりの偶然!
先月、ウチのチーフが北海道旅行に行ってまして
あちらで食べたおいしい物の話しを聞いていたら
「旭川で食べたラーメン。スープも良かったけど特に麺がうまかった」
とのこと。麺がおいしいってそりゃ小麦やね。

どうしてその店を知ったのかと聞くと、
彼の友人が京都で有名な製麺屋「麺屋棣顎(メンヤテイガク)」さんで
その友達を通して北海道の製粉メーカーさんからの情報だと言います。
いい連れもってるやん!

ということで麺屋棣顎さんに取扱店を紹介してもらったところ
早速営業の方が来てくれていろいろ話しを聞きました。

なかなか熱い男です。話しは盛り上がり、山盛りサンプルくれました。
ちょっと多過ぎ・・・ゴメンネ。

小麦粉にはオープン当初から結構取り組んできてて
当初は国内産の薄力粉がほとんど生産が無く、
どうにかして手に入れたチホク小麦を使っていましたが
しばらくして生産中止となり、その後もいろいろ試したんですが
なかなか「ヨッシャー!」って感じじゃなかったんです。

10年程前からはかなりバランスの良い国内産に出会って
それを使ってきたのですが、これがバランス良すぎというか、
十分おいしいんだけど今イチパンチに欠けまして、
いいお宅のおボッチャンって感じでしてね。

どうしたものかと悩んでいたら今回の出会い。
ちょっと、イヤ、ものすごく興奮してます。
ドッキドッキです!
どうなるか?乞うご期待を!
[PR]
by point_pour_point | 2009-07-06 12:17 | グルメ
<< 口は災いの元 オンザロック >>