煮ても焼いても・・・喰えます!
a0121954_10523733.jpg夏のおすすめ”無花果のブッセ”です。苺のシーズンが終わり、入れ替わりにいちじくの入荷が始まります。夏の定番として今ではシーズンに入る前から問い合わせをいただく人気のケーキです。



フルーツが苦手な僕ですが、子供の頃からいちじくだけは何故か好物です。
”いちじく”って果物の中でもちょっとした変わり種かなと思います。
生で食べてもおいしいけれど、コンポートにしたりドライにしたり、
何より火を入れると違った美味をつくれます。
そう!料理だったら椎茸みたいだと思います。ちなみに椎茸、大好物です。

”無花果のブッセ”は上に飾るいちじくにカソナード(赤砂糖)を
振りかけカラメリゼします。これが旨い!

お家で簡単につくれるいちじくのデザートならパイを使いましょう。
市販の冷凍パイシートを薄く伸ばして鉄板に広げてください。
いちじくをキレイに洗って皮付きのまま(皮の部分って焼くとおいしいよ)
半割にして2〜3mmにスライス。

それを伸ばしたパイに並べて柔らかくしたバターを塗ってグラニュー糖をふります。
220℃くらいに余熱したオーブンに10〜15分入れます。
下のパイがこんがり焼けたらOK。簡単でしょ!

焼き上がったらお皿に乗せて熱いうちにバニラアイスクリームを
たっぷりスプーンですくって上に置きます。
お友達を招いたホームパーティの締めに出せばみんな”オーッ!”ってお喜びですよ。
[PR]
by point_pour_point | 2009-07-18 10:50 | スウィーツ
<< 日食の日に太陽の恵み お気に入り >>